ユーザーinterview 02 ささき医院

CLINIC BOARDを2017年7月に導入された佐々木洋先生にお話を伺いました。


Q.CLINIC BOARDの導入を決めた理由を教えてください。

A.昨年7月に診療所をリニューアルし、その際に電子カルテも導入しました。経営判断に用いる数字は自分でExcelで管理していたのですが、電子カルテを導入しても、その状況は変わらず、何か良いツールがないかと探していました。他社のシステムも実際に使いましたが、自分が作れるレベルと変わらないと感じていました。
そのような状況でCLINIC BOARDの案内をもらって実際に画面を見てみたら、分析項目も多彩であり、視覚的に分かりやすかったので、ほとんど迷わずに決めました。

Q.実際にCLINIC BOARDを使われてみていかがですか?

A.データのアップロードも簡単で、メールや電話のサポートもあるのでスムーズに導入できました。リニューアルと言っても新規開院に近い状況でしたので、来院された患者さんがどの程度残ってくれているか「リピート」指標で可視化して確認することができて良かったです。数字を見て患者さんが想定よりも継続して来院されている状況を確認できて安心しました。
その他、これまで自分が管理してきたような項目は簡単にぱっと確認できていますし、これがあれば、コンサルにお金を払わなくても、ある程度、自分で解決策を導きだせると思います。

Q.ご要望事項はありますか?

A.当院は院内処方ですが、高額医薬品を処方する患者さんがいらっしゃると、(その分の収益が上がるため)本当の実力を見誤ってしまうので何とかならないかと相談していました。今回、そのような患者さんを集計から除去するシステム改善をしてくれると報告をもらったので良かったです。
それ以外には、日計表のデータアップロードがもっと簡単にできたら良いのにとは思っています。フォーマットに合わせてアップロードするのが面倒ですので。(注:メーカーごとに日計表のデータフォーマットを自動で整形する対応を開発中です)


佐々木洋先生、インタビューご協力ありがとうございました!
ささき医院様については、下記ご参照ください。

一覧に戻る

活用事例の最新記事