クリニック/診療所の経営指標を
瞬時に定量化・可視化する
経営分析ソリューション

NEWS

お知らせ

GOOD DESIGN AWARD

CLINIC BOARDは世界4大デザイン賞のひとつともいわれる『GOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞)』を受賞いたしました。

審査員からも『クリニック・開業医は、診療だけでなく様々な役割を担っている。そのような多忙なクリニックや開業医向けの経営管理ツールとして「全体最適化」を目指している点を評価した。経営管理ツールとしてのシンプルなUI/UXと、開業医に特有の患者の属性やカルテなどの連携情報が適切に選択され、丁寧に融合されている点も評価された。』とコメントを頂きました。

ABOUT

クリニックボードとは

クリニックの経営にとって重要な指標を瞬時に可視化し、
様々な視点からの分析を可能にする

今までの電子カルテ・レセコンの集計機能では、自診療所の状況を十分に把握することが難しいと感じていました。 今まで把握できなかったり、把握するのに手間と時間のかかっていた自診療所のデータをクリニックボードでは、簡単に把握することが可能になります。 また、重要指標を定量的に把握することで、診療所経営の改善施策を検討し実行することが容易になります。

FEATURE

特長

安心安全で操作も簡単。
万全のサポート体制をご用意しております。

SERVICE

サービス・機能

1. 重要指標を
「簡単」「確実」に把握する

クリニックボードでは、クリニックの重要指標をファイルアップロードのみで簡単に把握することができます。
また前月比・前年同月比など多角的に指標を分析可能とすることで、重要指標の変化を見逃しません。

  • ダッシュボード

    ダッシュボード

  • 収益

    医業収益の把握

    医業収益の状況を月別・前月比・前年対比など、複数の視点からチェックができます。

  • 新患

    新規患者の来院状況分析

    新規患者の来院割合の推移がわかるから新患獲得の目標設定や効果測定が可能です。

  • リピート率

    患者のリピート状況の分析

    各月の新規患者がどの程度リピートしているかを確認できるので、新患獲得の目標設定もしやすくなります。

  • 年代別

    年代別による来院状況の比較

    年代別の来院状況が見えるから、地域性も考慮した来院促進の対策立案に使えます。

2. 増患・満足度向上の支援

今までの電子カルテ・レセコンでは難しかった
「自クリニック診療圏」、「患者様の来院状況」を容易に把握可能とし、
「新患獲得戦略立案」「来院患者のフォロー」をサポートします。

  • 診療圏マップ

    自クリニックの診療圏を把握し、
    集患施策の立案・実行・評価を支援

    自クリニックの患者様の位置情報と
    近隣医療機関の情報を把握することで、

    ・どこに進出すべきか
    ・何を伝えればよいか

    などの戦略を立案することができます。 また継続的にモニタリングすることで、結果その地域の患者様が増えたのかについても把握することが可能です。

    診療圏マップ機能の使い方を見る
  • 患者リスト

    来院状況を簡単に把握し、
    適切なフォローを漏れなく行うことで、
    医療の質の向上を支援

    ある傷病や診療行為を行った患者様の来院状況を簡単に把握することができます (例:特定疾患療養管理料の対象患者様の来院状況を確認)。また未来院の患者様については、 その要因を確認し、適切なフォローを行うことで、医療の質の向上ならびに患者様の満足度向上が期待できます。

    患者リスト抽出機能の使い方を見る
クリニックボードの
提供機能一覧
機能1

基本分析

収益、1日あたり収益、診療行為別(収益内訳)、延患者数、1日あたり延患者数、新患数、初再診、来院頻度、診療単価、診療行為別(診療単価内訳)
※一部、保険診療データのみの提供
機能2

特徴分析

年代、保険種別、曜日・時間帯、診療行為詳細、リピート、傷病名
※保険診療データのみ提供
機能3

集患支援

患者リスト抽出、診療圏マップ
※保険診療データのみ提供

クリニックボードへのデータ取込作業としては、保険診療分は「診療報酬明細ファイル(RECEPTC.UKE)」のアップロード
自由診療分は「収益額・延患者数」の手入力が必要となります。
その他、日計表や患者郵便番号の取込を行うと、特徴分析や集患支援機能がより充実した内容でご利用いただけます。

HOW TO USE

利用の流れ

STEP 1出力

ご利用中の電子カルテまたはレセプトコンピューターからファイルを出力します

ご利用中の電子カルテまたはレセプトコンピューターからファイルを出力します
*基本的には、電子レセプトファイル(RECEPTC.UKE)のみですが、詳しく分析される場合は「月計表/日計表/患者リスト」も出力します

STEP 2変換・整形

出力したファイルからクリニックや患者様を特定可能な情報を削除します。

出力したファイルから、クリニックや患者様を特定可能な情報の削除、整形をします。
クリニックボード上に大切な患者様のデータが特定できる形で、データが保持されることはありません。

STEP 3取込

クリニックボードに取込めば、経営指標がグラフで表示されます

クリニックボードに取込めば、経営指標がグラフで表示されます

PRICE

料金について

初期費用
300,000円 (アカウント設定、データ移行支援など含む)
料金※年間契約
19,800円/月 (税別/医療機関単位)
提供機能

基本分析

クリニック経営の重要指標を蓄積して漏れなくモニタリング(収益、患者数、単価、新規、初再診など)

特徴分析

患者の属性・病名などから自クリニックの特徴を把握し、今後の強化ポイントの検討(年代別、傷病別、曜日時間帯別、リピートなど)

集患支援

どこからどんな患者がどのくらい来ているのか、を精緻に把握し、集患力強化(来院状況確認、診療圏マップ)

毎月レセプトデータを取り込んで頂いたクリニック様には、
もれなく無料レポートを送付させて頂きます!
【サンプル版】レポートダウンロード
サポート
平日10:00~18:00
TEL&メールどちらでもご対応いたします

DEMONSTRATION

無料デモ体験

実際にどんな機能が使えるのか試したい…
そんなご要望にお応えするべく、デモデータによるクリニックボードの
体験版(無料)をご用意しております。
是非とも、お試しください。
無料デモを体験する デモ体験はPC環境でお試しください

経営マスターブックって?

クリニック経営における環境の把握や実例データに基づいた分析など、読み応えのある実例集。
経営を始めたばかりの方、経営の悩みを抱えている方など是非ダウンロードして御覧ください。

経営マスターブックをダウンロード

DOCTOR'S
INTERVIEW

インタビュー

Q.CLINIC BOARDの導入を決めた理由を教えてください。

A.昨年7月に診療所をリニューアルし、その際に電子カルテも導入しました。経営判断に用いる数字は自分でExcelで管理していたのですが、電子カルテを導入しても、その状況は変わらず、何か良いツールがないかと探していました。他社のシステムも実際に使いましたが、自分が作れるレベルと変わらないと感じていました。 そのような状況でCLINIC BOARDの案内をもらって実際に画面を見てみたら、分析項目も多彩であり、視覚的に分かりやすかったので、ほとんど迷わずに決めました。

Q.実際にCLINIC BOARDを使われてみていかがですか?

A.データのアップロードも簡単で、メールや電話のサポートもあるのでスムーズに導入できました。リニューアルと言っても新規開院に近い状況でしたので、来院された患者さんがどの程度残ってくれているか「リピート」指標で可視化して確認することができて良かったです。数字を見て患者さんが想定よりも継続して来院されている状況を確認できて安心しました。その他、これまで自分が管理してきたような項目は簡単にぱっと確認できていますし、これがあれば、コンサルにお金を払わなくても、ある程度、自分で解決策を導きだせると思います

>続きを見る

FAQ

よくあるご質問

対応していない電子カルテ、レセコンはありますか?

クリニックボードは、電子カルテ・レセコンに依存しません。
毎月、診療報酬請求作業で作成されている「電子レセプトファイル(RECEPTC.UKE)」を取り込むだけで、保険診療に関する様々な指標を確認することが可能ですので、レセコン機能をお持ちであれば問題なくご利用いただけます。

クリニック以外の場所でも利用できますか?

クリニックボードはクラウド型サービスのため、インターネット接続ができる場所であればどこからでも利用可能です。

その他のご質問はこちら

CLINIC BOARDに関する
お問合わせ

クリニックボード サポートデスク

COMPANY

企業情報

会社名
ザイエンス株式会社(英名:XYENSE Inc.)
所在地
東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア2F
資本金
17,500,000円(資本準備金:12,500,000円)
事業内容
医療機関向けITシステム開発事業